みえラジ796 (2024年4月)

2024年4月24日(水) スパサロンかずり

熱海市水口町。
実は熱海郵便局のすぐ近くにある、スパサロンかずりさんに行ってきましたよ♪
住宅街の中にリノベーションされた古民家を発見。
門をくぐると、合同会社kazreeの代表社員・市川孝子さんが出迎えてくれました。



スパサロンかずりさんが開業したのは2023年12月1日。
ココを一言で言うと、温熱デトックスサロンです。

もともとVOLCA製品の代理店でしたが、直接お客様と触れ合える場所を作りたいということで、
スパサロンかずりを造ったのでした。



廊下や扉など、細部までこだわりがあり、
施術を受ける前からもう癒しの旅が始まっています。

今日は雨でしたが、雨粒に濡れる庭の新緑も美しいです。



スパサロンかずりさんの一番のウリはVOLCA Bath。
45ミクロンに粉砕したVOLCAを瀬戸で焼き、3mmのセラミックボールに加工しました。
お客様がいたため写真は撮れませんでしたが、砂風呂を想像してください。

それもただ体を埋めるだけではなく、カウンセリングで体調を聞き取り、
もっとも良い塩梅で埋めるのだそう。
そうすると、体の老廃物がたくさん出てきます。
しかもそれは可視化されていて、体の中の状況が見えるんだとか。



その前後にはVOLCA Pave(岩盤浴) VOLCA Dome(蒸気浴)などもあり、
たっぷり3時間かけて自分自身をいたわることができるのです。



贅沢な時間と空間、たまにはこんな日があってもいいですよね。

スパサロンかずり
熱海市水口町12-8
0557-29-6750

2024年4月18日(木) PHOOL

熱海市渚町のPHOOL(プール)さんに行ってきましたよ♪

店内の様子はこんな感じ。10m四方の広々とした空間です。
職人さん手作りの和洋折衷の家具や、静岡の伝統工芸品などが展示されています。



出迎えてくれたのは、左から、
株式会社Bauncyの代表取締役、伊藤悠(いとうゆう)さん、
遠藤大輔(えんどうだいすけ)さん、竹内初津美(たけうちはづみ)さんです。



この店舗を一言で言うと、エンターテインメントスペース。
カフェ、バー、ギャラリー、カルチャー、さまざまな顔を持っています。

PHOOLとはヒンディー語で花。
街と海をつなぐ水場としてのプールの意味も兼ねています。
※POOLではないので泳げません



昼は洋食のランチプレートを中心にいただくことができます。
もちろん、コーヒーだけのご利用もOK。
貴重な伝統工芸品や調度品をゆっくり味わうのもいいですね。

夜はバーに変身。
渚に浮かぶ柔らかい光の中で本格的なカクテルなどを。



実は、このPHOOLを運営している株式会社Bouncyさんは、あのフーダッシュの運営元でもあります。
ということで、こちらでは渚界隈の店舗の料理を配達してもらうことができるんです。
まさに、渚のフードコート。

今後はパーティーやポーカーを楽しめる空間なども目指していくといいます。
PHOOLのこれからにご注目ください!

PHOOL
熱海市渚町7-5
050-5536-5949
午前11:00~午後4:00
午後7:00~午前0:00
水曜定休

2024年4月17日(水) モアナヌイアケア EarthDayイベント(告知)



モアナヌイアケア EarthDayイベントをご紹介しましたよ♪

このイベントは、ハワイ文化に親しんでいるYUGAWARAハワイアンズさんが中心となって企画されました。
地球、環境、海を、身近に大切に感じることができるイベントとなっています。

21日(日)午前10:00~午後2:00

ハワイアンカヌー・ヴァア体験@吉浜海岸
6人乗りの本物のハワイアンカヌーに乗ることができます。
すでに30人以上の予約が入っているとのことです。
教えてくださるのはデューク金子さん。
なんと!葉山町からカヌーをこいでくるんだとか!
一生に一度の体験をぜひ。

21日(日)午後4:00~午後7:00

モアナヌイアケア上映会@真鶴町民センター講義室

ハワイの伝説の船、ホクレア号のドキュメンタリー映画です。
2014年から2017年にかけて世界一周したときのお話。
海と生きる私たちも、きっと感じることがあるはずです。

このイベントは、湯河原町・真鶴町が後援しています。
湯河原ライフセービングクラブやサーフショップさんも全面協力とのこと。

海、感じてみませんか?

2024年4月11日(木) 有限会社 大松商店

「飛びだせスタジオ!」も9年目!ということで、
8年間ずーっと気になっていた、有限会社大松商店さんに行ってきましたよ♪

なぜ気になっていたかというと、
大松商店さんがあるのはFM熱海湯河原の正面だからです。



お話をうかがったのは杉山美和子(すぎやまみわこ)さんです。

大松商店さんは、一言で言うとお豆腐屋さん。
でも今は、お椀のタネや先付、ムースなどのデザート類まで幅広い商品を取りそろえています。

驚くべきは大松商店さんの歴史。
なんと!今年で創業100周年なんです!
手作りであることや、製法・素材にこだわり続けてきたからこそ、
100年にわたって愛され続けてきたのです。

取引先は多岐にわたります。
箱根・伊豆・熱海などの旅館・ホテル・病院・学校の名前がホワイトボードにズラリ!
老舗からついこの間開業したところまで、数えきれないほどの企業名が並んでいました。

歴史と伝統を誇る大松商店さんですが、それにあぐらをかいているわけではありません。
ネット販売に力を入れることでさらに販路を拡大!
先日は青森県の会社から発注があったそうです。
スイーツにも力を入れていて、来宮神社さんとのコラボも話題になりました。

小売事業の認知も徐々に広がっているということで、
お店の前を通ったら、遠慮なく入ってきてほしいとのことでした。

有限会社 大松商店
熱海市水口町2-28
0557-81-2935

2024年4月10日(水) Ricobanale(リコバナーレ)

2023年12月19日に開業したRicobanale(リコバナーレ)さんに行ってきましたよ♪
場所は起雲閣通り。このオシャレな外観を目にしたことがある人もいるのでは?



雑誌の表紙になりそうな外観です。



出迎えてくれたのは、店主の杉本貴史(すぎもとたかし)さん。
三島出身の杉本さんは、静岡市などで料理人としての研鑽を積んできました。
そして、さまざまな人が行き交う熱海での開業を決めました。

店名は、rico=おいしい(スペイン語)、banale=ありふれた(イタリア語)の造語。
ありふれた日常・食材を、おいしい料理・時間にという思いが込められています。



店内の様子はこんな感じ。
オシャレ過ぎて、どう撮ってもキレイに写ります。



内装に使用されているのはおもに古木やレンガ。
西洋の美術館のような設えです。



いただけるのは、フレンチが融合したイタリアン。
ランチやディナーもいいですが、ジュン×2のオススメはお惣菜。
一流の味を、家庭で気軽に楽しむことができます。



↑世界最小のパスタ、クスクスを使ったサラダ。
↓大ぶりなキッシュもいいですね。



そんな中で杉本さんのオススメは、黒毛和牛のトリッパのトマト煮込み。



中継中にいただいてしまいました。
噛めば噛むほどに味が出る、そんな逸品。

余計な調味料は使わない、塩ひとつまみに全神経を集中する、
そんな杉本さんのこだわりを感じました。

でも、決して敷居の高いお店ではありません。
「近所の人たちが酒のつまみを買いに行ける店」を目指しているといいます。

今晩は、このトリッパでワインをいただきたいと思います。

Ricobanale
熱海市昭和町5-2
0557-81-7578
惣菜:午前11:00~
昼(土日のみ):午前11:30~
夜:午後6:00~
月曜・火曜定休
2024年5月より火曜・水曜定休

2024年4月4日(木) JR伊豆多賀駅

毎年恒例!JR伊豆多賀駅に行ってきましたよ♪



いつもは年度末の木曜日に行く伊豆多賀駅。
今年はソメイヨシノの開花が遅れたため、新年度1回目の中継で行ってきました。
お天気もなんとかもってくれたので、お花見を楽しむことができました。



毎年、たまたまその場に居合わせた方とお話しするのが伊豆多賀駅中継のお決まり。
今年は、駐車場の管理をおこなっている会社の方にご出演いただきました。

今日は伊東で2ヶ所の掃除を終えたあと、伊豆多賀駅に来たそうです。
「伊豆多賀駅は管理が行き届いていて素晴らしいと」お褒めの言葉をいただきました。



みなさんは満開の桜の下でチョコモナカジャンボとともに小休止。
「本当はビールがいいけどね」と笑いつつ、「アイスクリームもいいね」と。

桜が咲いてくれるからお花見ができます。
駐車場を管理している人がいるから車を停められます。

本当にありがとうございます。


2024年4月3日(水) 荒井城址公園

2週連続で荒井城址公園に行ってきましたよ♪
先週は「つぼみ」と表示されていましたが、今回は5分咲きになっていました。



あいにくのお天気でしたので、しだれ桜もソメイヨシノも独占状態です。



ソメイヨシノはまさに今が満開!
枝の先まで花がモリモリついていて、こちらの方がしだれ桜のよう。



雨水をたたえる桜もいいですね。



雨でなければ夜はライトアップもおこなわれています。
週間予報はあまり良くないのですが、雨の合間を縫って出かけてみてください。