みえラジ796 (2019年9月)

2019年9月10日(火) KINOMIYA CAFE

今年の6月3日、熱海市福道町にオープンしたKINOMIYA CAFEさんに行ってきましたよ♪
T字路にありますので、すでに知っている方もいらっしゃるのでは。



店内の様子はこんな感じ。
オシャレな和テイストといったところでしょうか?



市松模様のお座敷やテーブル席などがあります。






ところどころに雑貨もあってイイ感じですね。



お話をうかがったのは、眞野誠さん。
大阪のご出身で、人当たりのいい、イケメンさんです。
所属の会社がこのビルのオーナーさんと知り合いで、
お店を作ることになったんだそうです。

KINOMIYA CAFEさんでいただけるもの、メインとなるのは点心とタピオカです。
角煮まん、豚まん…



パンダまんにももまん、甘いものはお子さんに大人気です。



こちらの点心はオーガニックで、食泉で蒸し上げています。

さらにタピオカミルクティーにもこだわりが。
氷を使わず、イチゴを煮詰めたものを凍らせて加えています。
つまり薄まることなく、ちょっとだけイチゴ風味でいただくことができます。



ちょうど坂道の一番上、来宮駅と来宮神社の間にお店があるため、
休憩地点として使ってもらえることも増えてきているそう。
今後はお酒のメニューも増やしていきたいとのことですから、
今後のKINOMIYA CAFEに期待しましょう!

KINOMIYA CAFE
熱海市福道町3-24
080-9665-1040
平日:午前11:00~午後6:00
休日:午前11:00~午後8:00
水曜定休+不定休

2019年9月5日(木) アイピノーリ

いつも大勢の人でにぎわっている熱海市田原本町の交差点、
ジェラートのアイピノーリさんに行ってきましたよ♪



イタリアンのレオネノーヴェに併設されているアイピノーリ。
ジェラートの持ち帰りはもちろん、カフェタイムには店内でいただくこともできます。
中継前にもさっと買って食べ歩きする人の姿が見られました。
まだまだ暑いですからね。

こうしていくつ盛りつけるかを選ぶんですね。



お話をうかがったのは、大石明穂(おおいしあきほ)さん。
仕込みに忙しいオーナーシェフの相松(あいまつ)敏彦さんに代わっての登場です。

アイピノーリは今年の6月にオープン。
夏はたくさんのお客さんで盛り上がったそうです。

そもそものお話ですが、ジェラートとはイタリアのアイスクリーム。
日本のそれよりも乳脂肪分が少なく、すっきりしていて食べやすいそうです。







味が何種類もある中、オススメのバニラとモモをいただきました。

バニラはオラッチェの牛乳、モモは季節限定ということで、
地元の素材を使い、季節によっても味を変えていく、
地元の僕たちが何度通っても新しい味に出会うことができますね。

イタリアの街角のように気軽に楽しめるジェラート、
一度寄ってみてくださいね!

アイピノーリ
熱海市田原本町2-11
0557-28-0111
平日:午前11:00~午後5:30
土日:午前10:30~午後5:30
水曜定休 ※今日現在※

2019年9月4日(水) 剣鮨

昭和47年に開店し、47年間地域に愛され続けている、
剣鮨(けんずし)さんに行ってきましたよ♪



湯河原交番正面のこのたたずまい、さすがの風格ですね。

店内にお邪魔すると、すでに常連さんが昼から飲んでいました(笑)。
これもおなじみの風景です。



カウンター8席に座敷が12席。
まさに昭和のお寿司屋さんです。



お話をうかがったのは、ご主人の岡田賢一さん。71歳。
もともとは網代の漁師の次男坊で、横浜で修業ののち、
親戚のいらした湯河原でお寿司屋さんを開業しました。
なんと24歳で一国一城の主に。

とはいえ、知り合いもほとんどいなかった湯河原。
開店時のお祝いのお花は親族ばかりだったそう。
それから奥さまと二人三脚で営業していると、
同年代の友達ができ、年輩の常連さんができ、
観光客からリゾートマンションのお客さんまででき、
気づけば47年の歳月が流れていました。

さて、今日のネタは…?



もう、ナマツバごっくんです。

まず食べてほしいというのが左上の玉子。
ネタのショーケースの上には焼いたばかりの玉子焼きがありました。
歯がいらないほどふんわり、そしてまだ少し温かい。
ほのかに甘い風味は子供からお年寄りまでみんな好きな味。

鮮魚では地アジ。
アジの香りがこんなにいいなんて知りませんでした。
ネタが大きいので食べ応えも十分です。

体が丈夫なうちは続けたいと語る岡田さん。
この日も12時半には出前があり、忙しそうにしていらっしゃいました。
本格的なお寿司を気軽にいただける、そんな剣鮨さん、まさに湯河原の誇りです。

剣鮨
湯河原町土肥5-10-11
0465-62-9409
午前11:30~午後10:00 (月曜定休)

2019年9月3日(火) どら焼き 和果

今年の6月26日にオープンしたばかり!
どら焼き専門店の和果(わか)さんに行ってきましたよ♪



土肥一丁目の交差点、明店街周辺でこの外観を見たことがあるのでは?



店内の様子はこんな感じです。



奥には厨房(工房)があり、手前には何種類ものどら焼き!

道路側には焼き台があります。
ココで実際にどら焼きの皮を焼いています。



お話をうかがったのは、二見一正(ふたみかずまさ)さん。
高校卒業後に和菓子の道に進み、どら焼き専門店を開きました。

定番商品はもちろん、レモンや湘南ゴールドなど地元の素材を使ったもの、
ほかにも変わり種がいくつも並んでいて、
何度来店してもいつも違う味に出会うこともできます。







専用パッケージに入れて、贈り物にもいいですね!
もう地元の常連さんも数多くいらっしゃるということで、
湯河原の新名物といってもいいと思います。



まだまだ暑い日が続きます。
アイスどら焼きはいかが?



レポートでは焼き立てのどら焼きの皮をいただきました!
本当の焼きたては、熱くて持てないくらい!
香りも食感も、僕たちの知っているどら焼きではありませんでした。

コレ、僕への特別サービスかと思ったら、
タイミングが合えば誰でもいただけるんだとか!

焼き立てのどら焼き、食べてみたいでしょ!?

どら焼き 和果
湯河原町土肥1-16-3-104
0465-63-3633
午前8:00~午後6:30 (木曜定休)