みえラジ796 (2017年9月)

2017年9月28日(木) ガラス工房 玻璃

湯河原町鍛冶屋、幕山公園手前にあるガラス工房 玻璃さんに行ってきましたよ♪
一軒家のかわいらしい工房です。





ギャラリーの中はこんな感じ♪
ステンドグラスを使った作品を中心に、ギャラリーと工房を備えています。







お話をうかがったのは、鈴木けいこさん。
湯河原生まれでご実家ではお父様がみかんを育てているそうです。

25年前にガラスに興味を持ち、勉強して、20年前に工房を開きました。
現在はご自身の作品を作り、展示し、ほかのイベントへの出展などもしているそうです。
また、同時に教室も開催していて、近所のみなさんの憩いの場になっているんだとか。
「真剣に作品に向き合う人から半分おしゃべりしに来る人までいろいろ。
 そんな方々と出会えたことが最大の財産」とおっしゃっていました。

ステンドグラスの作品は、アクセサリー、ティッシュケースなどの小物から、
いったいどうやって作るんだろう…という丸みを帯びたランプまでいろいろありました。

















いかがでしたか?これでもほんの一部なんです!
11月に始まるアート散歩にも参加予定ということですから、
気になるあなたはぜひガラス工房 玻璃さんに行って実物を見てみてくださいね!

ガラス工房 玻璃
湯河原町鍛冶屋855-2
0465-64-0802
午後1:00~午後5:00 (日曜・月曜定休)
※12月は全休 (みかんの収穫のため)

2017年9月27日(水) Haco-Cafe

平和通り名店街の一ノ瀬ビル、5Fにあると噂のHaco-Cafeさんに行ってきましたよ♪
アタミヒルズさんとギャラリー藍花さんの間に謎の空間が…



一見、普通のマンションの階段のようですが…



たしかに、途中に案内板があります。



そして、5Fまであがっていくと…なんかオシャレな空間が広がっています。



店内はこんな感じ!平和通り名店街にこんなところがあったなんて!





昭和レトロな建物の雰囲気と、現代アートがコラボする不思議な空間です。











お客さん用の席も特徴的で、部屋が3つあってくつろげる空間になっています。







今日お話をうかがったのは、牛島聡子店長。
もともとは伊豆高原の宿がベースで、そこのカフェスペースが発展して1年半前にオープンしました。
海と山が楽しめるスカイテラスが気に入ったこともあり、ここにお店を開きました。

お店のコンセプトは、安心・安全のものを気軽に安くいただけること。
それを考えていたら、手作りのものが多くなってしまったんだとか。
この日もお話をしつつ、ずっとパンをこねこねしていました。

ハンドドリップコーヒーとハンバーガーが人気ということで、今度食べてみよーっと。

と、ここで屋上に行く階段を発見!



平和通り名店街にいてこの眺め!



海も見えるし、これからの季節は最高ですね!
そして、上から平和通り名店街のアーケードを見る!



Haco-cafe
熱海市田原本町3-4 一ノ瀬ビル5F
0557-81-7015
午後1:00~夜8:00 (火曜定休ほか不定休)

2017年9月26日(火) 中村屋漬物店

湯河原町中央にお店がありつつ、いろいろな所に出店している中村屋漬物さんに行ってきましたよ♪
今日はマックスバリュ湯河原店さんにいるということで行ってみると…



いましたいました(笑)。軽ワゴンの後ろに腰かけて、お店を広げています。
話しかけようと思いましたが、次から次へとお客さんが来て、その人気に圧倒されてしまいました。

中村屋漬物店さんは100年以上の歴史を誇るお店で、お父さんは84歳ですがまだまだ現役です。
いろいろなところに出かけては、常連さんに囲まれているそうです。

その人気の源は確かな商品力!







中村屋漬物店さんの代名詞ともいえる金山寺味噌(200円)。
ジュン×2のオススメはもろみなす(300円)。
ほかにもうずら豆やわさび漬け、葉とうがらしや漬物類。
製法にもこだわって本気で作っているからこそ、何十年も常連さんがついているんですね。

もうひとつの名物はやはりお父さん。
湯河原の生まれ育ちで、自転車レースで国体に出たこともある人。
ボーイスカウトや野球のコーチもしていたとのことで、
なんと、冨田湯河原町長も教え子だったんだとか!

でもお父さんは過去の話よりも、今、そして未来の話が大好き。
目の前のお客さんを喜ばせるために挨拶したりプレゼントを渡したり。
週末に迫った湯河原駅前広場のリニューアルオープンやぶらん市も楽しみにしていて、
自分が一番目立つぞ!と今から作戦を立てていました(笑)。

「年齢なんて関係ないよ!」
自分が一番楽しんで、明日を見据える、快活なお父さんに元気をもらいました。

中村屋漬物店
湯河原町中央1-1638-1
0465-62-3844
午前10:00~午後7:00

2017年9月25日(月) MOAオレンジハウス 熱海店

第一ビル1Fの奥にある、MOAオレンジハウス 熱海店さんに行ってきましたよ♪



店内はこんな感じ!いわゆるコンビニの広さです。







お話をうかがったのは大林美智子店長でした。
店内に入るとまず目に飛び込んでくるのは新鮮なお野菜!









北海道から九州まで、さまざまな野菜が届くとのこと。
そのどれもが自然農法や有機栽培にこだわったもので、
とにかく安心・安全なものを厳選しているとのことでした。
もちろん、地元熱海・函南などから届くお野菜も。









そのほか、乾物・調味料・お米など、私たちの生活に欠かせないものも、
やはり体に安心・安全なものばかりを取りそろえています。
スーパーで見かけない商品ばかりですので、ついつい見いっちゃいます。
「MOA」マークのついているものは自社で管理している商品ということで、
オレンジハンスさんの本気度がうかがえます。

また、オレンジハウスさんでは9月29日(金)までセールを実施中!
対象商品10%OFF&ポイント2倍キャンペーン!
ポイントカードもすぐに発行してくれますので、行くなら今!

さらにさらに、毎月第2・4金曜日には11:30~14:00で、野菜市を開催中!
地場野菜朝採り野菜即売会ということで、これは早いもの勝ち!

こんな時代だからこそ、体が喜ぶものを食べたいですよね。
ぜひ、MOAオレンジハウス 熱海店さんに行って、
あなたの体にいい逸品を探してみてください!

MOAオレンジハウス 熱海店
第一ビル1F
0557-84-2678
午前10:00~午後5:00

2017年9月21日(木) 浜料理 藤哲

伊東市との市境、熱海市の端っこにある浜料理 藤哲さんに行ってきましたよ♪
国道135号線の上り車線側にあるのが藤哲さんの工場と販売店。



テニスコートくらいの広さのお店には、地元網代で獲れたお魚が並びます。









試食コーナーのお魚は外にある七輪で焼いて食べることができます。
味見して買うことができるからいいですね!

お話をうかがった内田敬治(うちだたかはる)さんいわく、
今の時期はカマスがおいしく、冬になるとサバがおいしくなるそうです。

さて、そんな藤哲さんは加工業として昭和38年創業。
もともとは網代の街中にありましたが、手狭になったため現在のところに移転。
昭和43年には加工した魚を販売するようになり、
昭和47年には食堂も始めて今のスタイルになりました。

ということで、オトナの社会科見学で加工場も見せていただきました。







お父さんたちがひとつひとつ手づくりしていました。
これから水が冷たくなる季節です…ホントに頭が下がります。

さて、売店に戻りまして…藤哲さん名物のイカンメンチを発見!





こちらは冷凍タイプで、お土産に買って帰って自宅で揚げて食べることができます。
今すぐにアツアツを食べたい!というあなたは…

道路を挟んで反対側にある食堂へGO!





こちらは車80台・バス10台が駐車できるスペース、
お座敷210名分分、テーブル席70名分がみなさまをお待ちしています。



オススメメニューはこちら!



お刺身とイカメンチがたっぷり!
小鉢もたくさんついていて食べ応え十分!

さらに内田さんのオススメはアジ寿司!



まずデカイ(笑)!
お酢は控えめなのでとても食べやすかったです。
アジは新鮮そのもの!いい香りがするくらい新鮮で、
ジュン×2的にはお醤油もショウガもナシでOK!

そしてお待ちかねの…



イカメンチ~!弾力があってそれでいてふわふわ。
その正体はヤマイモということで納得しました!
スタジオでエリさんもパクッ!

網代に根ざして加工・販売・飲食を展開する藤哲さん。
地元の僕らこそあらためて行ってみましょう!

浜料理 藤哲
熱海市網代627-93
0120-114723
午前9:00~午後5:00 (年中無休)

2017年9月20日(水) ネイルサロン hau’oli

真鶴駅前のネイルサロンhau’oriさんに行ってきましたよ♪
ハウオリはハワイの言葉で“楽しい”という意味。





ネイルサロンと聞くと、男子のジュン×2としては入りにくい感じを想像していましたが、
こちらはまるで普通のご自宅のよう。それでいて雑貨屋さんのようでもあります。
その謎はのちほど…。



お話をうかがったのは小澤佳代さん。
もともとはトールペイント(木などに絵を描く仕事)をしていたそうで、
「爪にも描けるんじゃない?」ってことでネイルの世界にはまったとのことです。

こちらのネイルはマニキュアではなく、ジェルネイル。
ジェルネイルとは発色がよく美しいネイルで、ツヤツヤや透明感が3週間ほど持ちます。
また爪の強度アップにもいいということで、爪の弱い方もOK!
何よりうれしいのは、ライトを当てると10秒ほどで色が固まること。
すぐに水仕事などしても大丈夫なんだそうです!

もともとこの建物はお父様が医院として使っていたんだそうです。
医院を閉じてからはしばらくは空き家だったそうですが、
真鶴駅の正面がずっと閉まっているなんて寂しい…と、ご自宅のある座間から通っているんだとか。

ハウオリさんはネイルサロンの枠を超えて、もはや地域の拠点になりつつあります。
たくさんの雑貨はいわゆる棚貸しで、13人ほどが展示・販売をしているそうです。
趣味でいろいろ作って、それをみんなに見てもらえて、あわよくば買ってもらえる…
モノが人を呼び、人が人を呼び…そんなステキな循環がハウオリさんにはありました。





















ご主人はメダカの飼育にはまっているとのことで、
庭には珍しい種類のメダカがたくさん泳いでいましたよ。





こちらも、希望の方にはお譲りしているそうです。

小澤ご夫妻は本当に気さくで地域から愛されるキャラクター。
それがそのままお店に反映されているので、入りやすかったんですね!

レポートのあとも80代の女性がネイルをやりにいらしていましたよ。
真鶴の女性が美しいのは、爪の先までこだわっているからかもしれませんね!

ネイルサロン hau’oli
真鶴町真鶴400-1
火曜・土曜定休

2017年9月19日(火) SOLID SPACE 青/染

秋晴れのもと、鍛冶屋のSOLID SPACE 青さんに行ってきましたよ♪
小さな看板と、オシャレなおうちが出迎えてくれました。







ギャラリースペースはこんな感じ!





天井が高くて木のぬくもりがあふれるステキなスペースでした。
さらにスゴイのは、ベランダからの眺め!





もう言うことありません…。

お話をうかがったのは、吉田とみこさん。
愛知県のご出身で、旦那さんの転勤などを経て、終の住処を湯河原に決めたそうです。
鍛冶屋にギャラリー兼住宅を建てて15年になるそうです。

もともと陶磁器などがお好きだった吉田さんご夫妻は、
大きな四駆で寝泊まりしながら日本中の窯元をめぐったそうです。
そのときに知り合った方々の作品を、SOLID SPACE 青に展示・販売しているとのことです。













また、SOLID SPACE 青さんではご主人の淹れたコーヒーをいただくことができます。
もちろん、オシャレなコーヒーカップで…。



なんという至福の時…
ミニチュアプードルのライムちゃんも出迎えてくれますので、
お気軽に遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

さらにそのあと、キャッチザヴォイスでは隣にある染め物の寺島廣子さんの工房へ。





なんと!その場で染め物教室を開催していただきました!
まさか、こんなに簡単にチャレンジできるなんて…
寺島さんはリクエストがあればこうした教室を開いていて、
さまざまな素材を使って教えてくださるそうです。

そんな吉田さんと寺島さん。
お二人は11月に始まる湯河原アート散歩でコラボレーション!
吉田さんのギャラリー・SOLID SPACE 青で寺島さんの染め物を展示するそうです。

湯河原のアート散歩は本当にステキなイベントで、
小さなギャラリーがそこかしこに点在し、まるで町全体が美術館のようになります。
今後、徐々に情報も出していくということですから、今から楽しみですね!

SOLID SPACE 青
湯河原町鍛冶屋774-21
0465-63-3448
午前10:30~午後4:00

染 (寺島廣子さん)
湯河原町鍛冶屋774-17
0465-62-1219

2017年9月18日(月) ながはま特設市

三連休の最終日、敬老の日は台風一過のいいお天気!
ながはま特設市に行ってきましたよ♪



すっかりおなじみのこちらのイベント。
今や伊東・下田方面に旅行に行く方々の休憩ポイントとしても認識されていて、
イベントであるにもかかわらず各店舗に“常連客”ができるほど。





お話をうかがった2組は、湯河原旅行から少し足を延ばして、
大型遊具に子供を連れてくるため、とおっしゃっていました。

フリースタイルフットボールやバスケットボールも長浜の名物になっていて、
今年の4月にはなんと世界チャンピオンも誕生しました。





旅行の目的地・休憩地としても、地元の方々のお散歩のポイントとしても、
ながはま特設市は大人気のようですよ。

2017年9月14日(木) 石舟庵 熱海店

熱海・伊東などでおなじみの超超超有名店、
言わずと知れた石舟庵さんの熱海店に行ってきましたよ♪

熱海駅から下ってくると見えるこの景色。





駐車場も3台ほどあって、店内は明るく広くキレイ!





石舟庵さんは全部で9店舗。
お話をうかがったのは、佐々木愛(あい)店長でした。

石舟庵さんは地元伊豆の素材にこだったお菓子を作る会社。
特に季節を大切にされていて、店内でも夏から秋への移ろいを感じることができました。

定番のおすすめ商品はやはり百花譜とみかんの花咲く丘。
そのほかにもこんなにたくさんの種類が!
正直、数えきれませんでした…。









その中でも季節限定商品をいただきましたよ。





芋羊羹、栗しぐれ、そしてカボチャプリン!
芋羊羹と栗しぐれは素材の風味と食感がすばらしく、
カボチャプリンはとろっとろでなめらか!
佐々木店長がおっしゃったとおり、どちらもやはり秋の風味がしましたよ。





熱海店さんには休憩スペースがあって、買ったお菓子をすぐにいただくことができます。
お土産に買ったつもりがついつい…そんな方もいらっしゃいましたよ。
また、伊豆の名産ぐり茶の無料サービスまで!
至れり尽くせりでついついのんびりしちゃいます。

佐々木店長いわく、熱海店はお散歩・街歩きのついでに立ち寄ってほしいお店、
ということで、地元のみなさんもぜひ立ち寄ってみて、
カフェ感覚でご利用いただいてもいいのではないでしょうか?

石舟庵 熱海店
熱海市咲見町9-2
0557-81-7776
午前9:00~午後5:30 (無休)

2017年9月13日(水) 丸福ひもの 湯河原店

湯河原駅を出てすぐ右、なまこ壁が特徴的な丸福ひものさんに行ってきましたよ♪



店内に入ると、全長約5mのショーケースがお出迎え。
全体的に木のデザインが美しく、現代的なオシャレなお店です。







お話をうかがったのは、松尾みちえさん。三代目にあたります。
もともと丸福ひものさんは福浦での加工業として産声をあげ、
20年前に真鶴店が、10年前に湯河原店がオープンしました。





一番のオススメはやはりアジの干物で、地元小田原のものから、
モノがよければ九州までさまざまなアジを比較検討してお店に出しているそうです。
サンマやイカ、キンメダイなどに並んでなんと「アユ」の干物を発見!



…意外と怖い顔をしています(笑)。
こんな珍しい素材を扱っているのも、専門店ならではですね。

今でも福浦の工場から直送してくるため、新鮮かつ安価。
庶民のご飯のともですから、安くてうまいのが一番ですね!



現在は東京のデパートや百貨店にも出店しているということで、
まさに湯河原・真鶴の味の代表!
その一方で、湯河原駅前のイベント「ぶらん市」にも出ていて、
こちらではさらにお安いお値段で買い物ができるそうです。
次の「ぶらん市」は10月1日!
ぜひ、丸福ひものさんでお買い物をしてみてはいかがでしょうか?

丸福ひもの 湯河原店
湯河原町土肥1-1-18
0465-63-6737
午前9:00~午後5:00 (無休)

2017年9月12日(火) 珈琲専科 讃

雨が降る今日みたいな日は…珈琲専科 讃さんに行ってきましたよ♪
平和通り名店街を抜けてすぐ、今日みたいな雨の日でも傘をささずに行ける距離です。







扉を開けるとまあエレガント♪
ゆったりとしたメロディー、ほんのりとコーヒーの香り、
クリーム色とステキな柄に統一された家具がオシャレですね。
そして、熱海には珍しく広くてゆったりとした空間。
もうすでにのんびりしてしまいそう…。





いただいたのは讃ブレンドとレアチーズケーキ。
コーヒーは味のバランスがよく、最後までゆっくりいただける風味。
ウェッジウッドのカップもオシャレで、目でも楽しませてくれます。
レアチーズケーキは酸味が少しきいていて、さっぱりといただけるお味。
コーヒーとケーキの無限ループにはまってしまいます…。





お話をうかがったのは、羽田(はねだ)寿美子さん。
お父様が銭屋としてお店を興し、喫茶店になってから40年がたちました。
現在はご主人とお姉さまを中心に、お店を経営されています。
昔からのなじみのお客さんが多く、羽田さんとお店の雰囲気のような、
落ち着いたエレガントなお客さんばかり。



老体にムチ打って…などとおっしゃっていましたが、
リクエストに応えてモーニングやランチを始めたり、
常に情報収集して新しいことに挑戦し続けているそうです。
羽田さんは本当にお若くて活力に満ちていましたよ。

のんびりしつつ、元気ももらえる、そんな不思議な喫茶店、
それが珈琲専科 讃さんなのです。

珈琲専科 讃
熱海市田原本町4-19
0557-81-2753
午前8:30~午後10:00 (不定休)

2017年9月11日(月) ダイビングショップ海家

真鶴の岩海岸にあるダイビングショップ、海家さんに行ってきましたよ♪







まずお話をうかがったのは、ダイビングのインストラクター・稲葉康弘さん。
ダイビングショップ海家さんは10年以上経営しているお店で、
初心者からベテランまで楽しめるダイビングのプランを準備してくれています。

ジュン×2のような初心者でも、ウエットスーツの着方から酸素ボンベの背負い方まで、
手取り足取り教えてくれます。なんと、泳げなくても大丈夫とのことです。

海水浴期間は終わりましたが、ダイビングはこれからがイイ!らしいですよ。
海が静かになる一方、水温は高く、水は澄んでくるため美しい海の世界を楽しめるんだとか。
知りませんでした!夏に海に入り損ねたあなた、ぜひいかがでしょうか?

さらに、ダイビングショップ海家さんにはシーサイドハウス海家の名前もあり、
さまざまなクラフト体験ができます。
お話をうかがったのは、黒葛原真実(つづらはらまなみ)さん。





ダイビングショップをオープンしてしばらくして、
海岸にいろいろな貝やガラスが落ちているのを発見!
それを使ってクラフトをやろうと思いついたんだそうです。
同じ素材は2つとないため、唯一無二の作品ができます。











フォトフレーム、メモボード、アクセサリー、ストラップ…
さらにオーダ―メイドで結婚式のウェルカムボードなども作れるそうです。

ダイビングもクラフトも両方楽しめる海家さん。
家族で、友達同士で、ぜひ遊びにいってみましょう!

ダイビングショップ海家
真鶴町岩953
0465-68-2900
午前8:00~午後8:00

2017年9月7日(木) 山長自動車商会

熱海市和田町の山長自動車商会さんに行ってきましたよ♪





工場とともに、オシャレなトレーラーハウス!
湘南の海岸線にあるカフェのようなステキな事務所です。
ウッドデッキにパラソルまであります♪



事務所の中はこんな感じ。
各社の車を取り扱っていますのでパンフレットは150種類!



この日もお客様が商談中でした。

今日お話をうかがったのは、店長の山田朱美さん。
黒縁メガネがオシャレな美人さんです。
用事がなくても会いに行きたいようなステキな方です。

山長自動車商会さんは自動車販売・自動車整備・保険代理店業務など、
車に関するさまざまなことを事業としています。
車検やちょっとした相談事にも乗ってくださるそうです。

今、一番力を入れているのがスズキのハスラー!
なんと!今なら、ハスラーが約13万円引き!



人気のハスラー、お得に手に入れるチャンスですね~。

さらに、「ラジオを聴いたよ~」と伝えると、ヘッドライト磨きが5000円→3000円に!







before→afterです。
もともとそれほど汚れていないライトでしたが、違いはわかりますよね!
ヘッドライトが黄色くくすんでいるとカッコワルイだけでなく、ライトが暗くなって危険です!
これは磨いても取れないので、プロに研磨&コーティングしてもらいましょう!
それなら、やっぱり山長自動車商会さんにお任せです!

店長の山田さんをはじめ、スタッフの方、整備の方、
みんなフレンドリーで本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。
エリさんも言っていたように、まさに愛車のかかりつけ医。
山長自動車商会さんにいろいろと相談してみてはいかがでしょうか?

山長自動車商会
熱海市和田町14-15
0557-83-3245
午前9:00~午後6:00 (日曜・祝日定休)

2017年9月6日(水) あたみ駅前マッサージ院

熱海第一ビル2Fにあるあたみ駅前マッサージ院さんに行ってきましたよ♪



扉を開けるとハッカのいい香りがして、暗めの照明、ヒーリング音楽…
もうこれだけで癒されて寝てしまいそう。





2017年の1月にオープンしたこちらのお店には施術用のベッドが4台、
座ったまま施術を受けられるイスが2脚、そして噂の酸素ルームが2部屋。
国家資格を持った小泉店長をはじめ、一流のスタッフのみなさんから
マッサージや鍼、そして高気圧酸素ルームを施術していただくことができます。

酸素ルームがこちら!





長さ2m×幅1m×高さ1.6mの空間で、この中に高気圧&粒子の細かい酸素を充満させ、
その中で1時間ほど好きに過ごすと、疲労回復・美肌・ケガの回復・ダイエットなどを
見込むことができるそうです。

どんなメニューを受けるにせよ、まずはスタッフの方に相談するのが一番とのこと!
体調を相談すると、最適なメニューを組み合わせていただくこともできます。

疲労のたまりやすい現代、疲労の残りやすい季節の変わり目、
みなさんも一度あたみ駅前マッサージ院さんで癒されてみてはいかがでしょうか?

あたみ駅前マッサージ院
熱海市田原本町9-1 熱海第一ビル2F
0120-157-064
午前10:00~午後7:00 (木曜定休)

2017年9月5日(火) 高松食堂

湯河原の地で50年!高松食堂さんに行ってきましたよ♪



お話をうかがったのはご主人のかさいたかしさん。76歳。
昭和42年におばさまの旅館の名前から「高松」の名前を取り、
キッチン高松として湯河原駅前に洋食屋さんを出しました。
それから15年後に現在の中央に移り、合わせてもうすぐ50年!





まさに町の中華食堂ですね。
壁を見てみるとたくさんのメニューが!







なんと!ラーメン350円!チャーハン430円!いやもうビックリ!
今どきこんなお値段でいただけるお店はありませんよ!
そして、ご主人は常に新メニューも考えていて、
今のオススメはもやしあんかけ焼きそばスペシャル!

そんな中でジュン×2がいただいたのは、あんかけ焼きそば!



見てください!ボックスティッシュとの比較!
45cm×32cmの銀皿に麺が見えないほどの野菜あんかけ!
お味はさっぱりで、これがイケる!
揚げた麺のパリパリを、徐々にひたしながら食べるあの感覚は最高です!



「大変だったことは何もない。楽しいことばかり。」
ご主人も奥様も口をそろえてそうおっしゃっていました。
体が続く限り、100歳までは現役でやりたいとのことでした。

昔子供だった人が大きくなって、その子供を連れてくる…
それが何よりの喜びなんだそうです。
本当にステキなお二人。ステキなエピソードです。

お二人の息の合った連携プレーから生みだされる逸品の数々、
ぜひみなさんも味わってみてくださいね。

高松食堂
湯河原町中央4-10-2
0465-62-5730
午前11:30~午後3:00/午後5:00~午後8:00 (日曜定休)

2017年9月4日(月) きもの すづき

涼しい風が吹く中、湯河原町宮上のきもの すづきさんに行ってきましたよ♪



ものすごく高価な、豪華な反物が並んでいる…と思いきや、
まるで今どきの和風雑貨のお店のよう。
明るく、親しみやすく、それでいて季節を取り入れたオシャレな店内です。





今日お話をうかがったのは、鈴木真利さん。
夫の鈴木龍介さんとともに二代目としてお店を切り盛りしています。

すづきさんは創業約60年。
古くからの常連さんと若いオシャレなお客さんの両方に支持されています。
とはいえ、着物の需要は落ち込んでいるのはたしか。
そこで、気軽に入れて気軽に買い物できるお店を目指しています。
たしかに、着物を仕立てなくても雑貨の買い物だけでも楽しいかも!















着物というとハードルが高い印象がありますが、すづきさんでは木綿の着物も販売中!
こちらはなんと2万円台から気軽に仕立てていただくことができます。
また、着物初心者の方には最初にいろいろとお話をしてくださるのもうれしいですね。
結婚式用なのか、お正月用なのか、カジュアルか、フォーマルか…
そういったニーズをくみ取りながらピッタリの一着を選んでくださるんです。
これならジュン×2みたいな初心者も安心!

ぜひ一度、すづきさんの暖簾をくぐってみてください。
新しい自分に出会えるかもしれませんよ。





きもの すづき
湯河原町宮上459-27
0465-62-3559
午前9:00~午後7:00 (日曜定休)